Broad WimaxとどんなときもWiFiってどっちがいい?【比較!】結論としては、どちらを選んでも乗り換えサポートアリ!

Broad WimaxとどんなときもWiFiを比較

Broad WimaxとどんなときもWiFiのどっちを申し込もうか迷っている、あなた。

 

そういう場合に、どっちも契約していて、どっちもメインで使ってる僕が、しっかりとアドバイスしていきたいと思います。 

ブロードワイマックスどんなときもWiFi

〇端末が違います

〇通信エリアが違います

〇使える通信量が違います

 

つまり、あなたの生活スタイルによって、おすすめできる方がかわっていきます。

そんな状況ごとに ブロードワイマックスがおすすめできる人と、どんなときもWiFiがおすすめできる人をタイプ別に紹介していきます。

 

さっくりと結論を出すなら

ブロードワイマックスがおすすめできるのは

➡ 受信感度の強いルーターが欲しい

➡ 通信速度はとにかく速い方がいい

➡ 業界NO1に売れている端末を使いたい

ここにひかれる人は、Wimaxを使いましょう!

 

ブロードWimax初期費用0円キャンペーン

 

Wimaxは、とにかく利用者数が1番多く、端末の性能が高い! 需要に合わせて端末を選べます!

 

どんなときもWiFiがおすすめできるのは

➡ オンラインゲームを遊びたい

➡ 動画を毎日大量に見まくりたい

➡ 地下鉄・地下街で使うことが多い

こういう使い方があると感じるならどんなときもWiFiにしましょう!

 

どんなときもWiFi申し込みページを確認

 

ただ、1つ大きいのは どちらにも『いつでも解約サポート』というものがあって、ブロードワイマックスを選んだ場合でも、どんなときもWiFiを選んだ場合でも

『この端末 使い心地がイマイチ』

『通信速度が遅い』

こうなった場合

ブロードワイマックスから➡ どんなときもWiFi

 

どんなときもWiFiから➡ ブロードワイマックス

 

こういうことが 0円で出来るんです。 この2つの会社は、おおもとが同じ系列なので、こういう事ができるのです‼‼

 

こちらはブロードワイマックスの解約サポートについての説明動画☟

いつでも解約サポート紹介動画

 

上記のおすすめできる人を、もちろん参考にして、基本は慎重に選んでほしいですが、もしもの場合は このように『どっちでも乗り換えが出来る』、こういうメリットがあるので

 

悩みすぎずに、 最後は直感で選んでいいと思います!

 

 

こっから下でブロードワイマックス・どんなときもWiFi

詳しく解説、比較していきます☟

 

Broad Wimax VS どんなときもWiFi

まずはざっくりと、比較表をつくったので、サラッとかくにんしてください☟

 

 
端末 Wimaxの各種 U2s(D1)
初期費用(事務手数料)

3300円

3300円

端末料金

端末代金0円

レンタル形式

月額料金

2か月目まで 2998円

以降から2年目まで 3752円

それ以降 4412円 ※1

2年目まで 3828円

以降 4378円

違約金

1年目 19000円

2年目 14000円

以降 9500円

1年目 19000円

2年目 14000円

以降 9500円

解約時の端末について そのまま貰える 返却の必要あり
解約サポートについて 0円で乗り換え可能 0円で乗り換え可能
支払い方法 クレカ・口座振替 クレカ・口座振替
契約期間 3年 2年(レンタル)
通信エリア Wimax2+エリア 4G LTEエリア
通信量 3日で10ギガ 1か月100ギガ以上 基本無制限

※1 ブロードワイマックスはギガ放題プランで案内しています

※ 料金は税込みで表記しています

 

ブロードWimax キャンペーンページ

 

➡どんなときもWiFi月額割引キャンペーン

 

ある程度見たら、下へどうぞ

料金面の比較を見ていくと

 
初期費用(事務手数料)

3300円

3300円

月額料金

2か月目まで 2998円

以降から2年目まで 3752円

それ以降 4412円 ※1

2年目まで 3828円

以降 4378円

違約金

1年目 19000円

2年目 14000円

以降 9500円

1年目 19000円

2年目 14000円

以降 9500円

解約時の端末について そのまま貰える 返却の必要あり
解約サポートについて 0円で乗り換え可能 0円で乗り換え可能

 

契約期間 3年 2年(レンタル)

まず 基本として どんなときもWiFiは2年契約でレンタルです。

2年間 3480円(税抜き)

それ以降 3980円(税抜き)

 

2年間使うと 1カ月間の0円での解約期間があります。 その間に解約するならば、

『端末一式を返却する必要があります。』

これに関しては少し面倒ですし、端末に不具合などあれば弁償金などが発生します

 

そして

ブロードワイマックスは端末代金は0円で3年契約です

1か月から2か月目まで 2726円(税抜き)

その後2年間 3411円(税抜き)

2年目以降 4011円(税抜き)

3年間使うと 1カ月間の0円での解約期間があります。 その間に解約したら、端末はそのまま貰えます。

解約した端末は そのままだと何も使えませんが、あなたが契約したSIMカードを持っていれば、WiFiルーターとして使うことが出来ます。 なにより返却の手間がないのはありがたいです。

 

違約金はどちらも同じ設定

 

なんらかの理由で、契約期間内に、WiFiルーターを解約する場合

 

Broad WimaxもどんなときもWiFiも

1年目に解約すれば 19000円

2年目に解約すれば 14000円

それ以降は 9500円

このように設定されています。

 

もし、この時に

『今の端末がイマイチだから解約したい』

こういう理由であれば、どちらの会社も『いつでも解約サポート』があるので、電話やメールなどで気軽に言えば、丁寧に対応してくれます。 ぼくも このサービスでWimax➡どんなときもWiFiに乗り換えました。

 

 

ブロードWimax キャンペーンページ

 

➡どんなときもWiFi月額割引キャンペーン

支払い方法ついて

 

 
支払い方法 クレカ・口座振替 クレカ・口座振替

 

どちらも現金、つまり口座振替での支払いが可能です。 ただしブロードワイマックスの場合は 口座振替の申し込みの場合 初期費用が 18,857円 と高額請求なので、 かなり悩むところです。

どんなときもWiFiの場合は 毎月の手数料として 200円増える感じです。

どちらにしても、口座振替での支払いはやはり面倒ですし、料金も高くなってしまいます。

 

しかし、現金で支払いたい人や、クレジットカードを持っていない場合などがあれば、申し込むのは口座振替の料金がやさしい『どんなときもWiFi』にするべきでしょう。

 

➡口座振替の人はこちらから申し込み

端末について

☝ぼくの愛用している W05(Wimax)とD1(どんなときも)

 

 
端末 Wimaxの各種 U2s(D1)

 

どんなときもWiFiは今のところ 端末は1つだけです。 U2sという名前の端末ですが、どんなときもWiFi内ではD1と言う名前で使われています。

スペックを簡単に見ていくと

 

U2s(D1)
下り最大(ダウンロード) 150Mbps
上り最大(アップロード) 50Mbps
連続通信時間 およそ 12時間
同時接続台数 5台

 

高性能!っていう感じではなく、通信速度や接続台数はいたって普通です。

 

このD1の特徴は「クラウドSIM」を利用した「クラウドWiFi」というルーターで、uCloudlink社という会社が発明した画期的な通信システムです。

このSIMによって、国内でも、海外でも通信が自由に使えます。

トリプルキャリアと言われていて、国内大手『au・ドコモ・ソフトバンク』の4GLTEがつかえます!と言うのが売りですが、ぶっちゃけ繋がりやすいのは ソフトバンクで

どんなときもWiFiはSOFTBANKのポケットWiFiにau・ドコモのおまけがついた感じ

これが正解だと思います。

 

実際に使ってますが、安定感は非常に良くて、『地下鉄』『移動時』などに強い印象です。

 

液晶画面がなく、操作はボタン1つだけというシンプルさです。

このボタンだけ☝

どんなときもWiFi端末特徴

・通信安定感が高い

・Pingが安定している

・地下鉄などでも入りやすい

 

 

➡どんなときもWiFi月額割引キャンペーン

 

 

 

WimaxはまずどんなときもWiFiと同じである『モバイルルーター』

Speed WiFi NEXT W06とWX05

この2つと、

家用に考えられた固定回線の代用として使える『ホームルーター』

Speed WiFi HOME L02

 

Wimax HOME01

 

現段階でこの4機種をメインで発売しています。

Wimax端末は「とにかく最高速度が速い‼‼」

新機種がでるたびに、下り(ダウンロード)速度が速くなっていきます。

 

現在のモバイルルーター新機種W06のスペック☟

Speed WiFi NEXT W06
下り最大(ダウンロード) 867Mbps
上り最大(アップロード) 75Mbps
連続通信時間

通常 およそ9時間

バッテリーセーブ およそ11時間

 

同時接続台数  最大 16台

どの場所でもこの高速通信が出来るわけではないですが、このパワフルさはWimaxの大きな魅力です。最大接続台数も 16台と小さい会社くらいなら、この1台でいけるほどです。

 

それと最近、家に光回線が引けない人をメインに大人気なのが

『ホームルーター』

☝L02 Wimax

 

普通のモバイルルーターよりも、中に入っているアンテナがしっかりしている為、受信感度が高く、家で使うのにしっかりとWiFiを飛ばしてくれます。

コンセントにつなぐだけで、工事がいらないのも人気の1つです。

現在

Speed WiFi HOME L02

Wimax HOME01

この2機種ありますが、おすすめはL02!

 

Wimax 初期費用0円キャンペーンページ

 

 

 

最大速度1ギガ超え、42台のパソコンやスマホなどを同時に接続できる、モンスタールーターです。

どんなときもWiFiにはいまのところホームルーターがないです

もし 

『家でしかWiFiルーター使わない』

こういう人は このブロードワイマックスでホームルーターのL02を選ぶのが 間違いないです。

 

ホームルーターL02を月額安く使える、Broad Wimax

 

 

 

 

通信エリアについて

 

どんなときもWiFiはトリプルキャリアが1つ売りですが、ここはぶっちゃけSOFTBANKが1番繋がります。 auとドコモ回線はかなり弱めです。

 

なので『どんなときもWiFiはSOFTBANKの4GLTE回線』、このように考えてください。

簡単に言えば、ソフトバンクのスマホ・ガラケーが繋がるところは、どんなときもWiFiもしっかり電波を捕まえて、WiFi環境を作ってくれます。 逆にソフトバンクがあんまり繋がらない地域は、WiFi環境は弱くなります。

あなたがもし、今までソフトバンクのスマホを使っていて、

『家はSOFTBANKが入りにくい』

『職場近辺はSOFTBANK入らない』

こういうことがあれば、Wimax2+にした方が良いでしょう。

 

➡ソフトバンクLTEのエリア確認はこちら

 

 

 

ブロードワイマックスは Wimax2+のエリアすべてです。

 

普段あんまり聞きなれないかもしれないですが、このWimax2+ってすごいエリアが広いです。

 

 

東京や大阪はもちろん☟

※ピンクの部分が電波が強い所

※ピンクでない部分は山や川、人の住んでない地域がほとんど

 

沖縄にもしっかりと電波が入ってます

 

これだけ入ってますが、2020年オリンピックに向けて、まだまだ増えていくそうです。

このように日本全国ですごく使いやすいモバイルルーターですが弱点ももちろんあって

Wimax2+電波の弱点は

・地下に入りにくい

・建物の中に入りにくい

こういう特徴があります。

 

特に地下街や地下鉄で働いている人は、Wimax2+がはいりにくいと思うので、そういう人はどんなときもWiFiが非常に入りやすいです。

 

 

通信量について

 

通信量はどうしても気になる部分です。

 

ブロードワイマックスは

Wimaxの場合だと3日間で10ギガ以上使ってしまうと絶対ではないのですが、通信制限がかかるようになっています。 制限の時間は6時間です。

3日で10ギガ 1か月だと100ギガくらい使えます。

通信が遅くはなるのですが、1Mbpsは出るのでLINEを送ったり 最低限のネットは使えるようになっています。

 

1日のイメージだと毎日3ギガ使っても、OKなのがWimaxです。

 

 

普通の使い方をする人で、制限がかかる人はまずいないです。

 

 

どんなときもWiFiの1番の売り『データ容量無制限』『通信制限なし』、ここですね

これを公式サイトで見てみると

 

「国内外の通信会社では、ネットワークの品質に維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信制限をする場合があります」

 

簡単に説明しますと『無茶な使い方する人は通信制限かけますよ!』ってことです。

 

この通信量無制限は非常に魅力的な言葉で、確かにありがたいのですが

こういう人☟

・スマホで毎日6時間くらい高画質で動画を見る

・タブレットでオンラインゲームを長時間遊ぶ

・PS4のオンライン環境としてしっかりと使う

 

こういう人でない限り

こういう人以外は

1日の通信量って まぁ1ギガを超えることはなかなかないです。

 

1ギガってどのくらいかわからない人が多いと思うので、この表を見てなんとなくイメージしてみてください。

1ギガの目安はこちら👇
ネット閲覧 4338ページ
メール送信 66660回
LINE 250文字が100万回
LINE通話 55時間
Youtube 低画質 5時間半
Youtube 高画質 90分

これを見て、

1日3ギガでは、私の使い方なら通信制限かかりそう!

こういう人は☛ どんなときもWiFiを申し込む

 

逆に

1日 3ギガも絶対に使い切らん、毎日十分足りる!

こういう人は☛ ブロードワイマックス申し込み

 

こういう目安になってきそうです。

 

 

 

ここで、ブロードワイマックス、どんなときもWiFiのお互いのいい所、悪い所を簡単にまとめました。☟

どんなときもWiFiのいいところ・悪い所

 

 

まずは どんなときもWiFiから

 

どんなときもWiFi 良い所

・通信量を気にしないで使える
 
・地下鉄でもつながりやすい
 
・端末・プランがシンプル
 
・レンタルだから2年縛りでOK
 
 
どんなときもWiFi 悪い所
・実はソフトバンクしかほとんどつながらない
 
・解約後に端末一式を返却しないといけない
 
・端末が熱くなりやすい
 
・プランや端末を選べない
 
 
やはり通信制限なしは大きな魅力で、地下鉄を使う人や、地下街で働く人には救いのモバイルルーターになると思います。 通信量をたくさん使うPS4のオンラインゲームなどにも、しっかりと使えるので、そういう目的がある人にはぴったりのルーターです。
 
ただ、auやドコモもつながると思って申し込むと、『あれ?』ってなることになります、ぶっちゃけこれ ほとんどソフトバンクにしかつながらないです。 あなたがau4GLTEをメインにつかうことを考えて、どんなときもWiFiを申し込むのは絶対にやめておきましょう。
 
しかしながら
 
ソフトバンク回線は優秀で、僕も使っていて、そこまで繋がりにくさは感じていません。
 

どんなときもWiFi申し込みページを確認

Broad Wimaxのいいところ・悪い所

 

 

ブロードワイマックス 良い所

・高速通信でネットがサクサク動く
 
・Wimax2+エリアは広い!
 
・端末・プランが豊富
 
・ホームルーターが選べる
 
・解約後の端末はそのまま貰える
 
 
 
ブロードワイマックス 悪い所
・地下鉄では本当に弱い
 
・3年契約は少し長い
 
・口座振替だと高くなる
 
 
ブロードワイマックはモバイルルーターをとりあえず欲しい!ってなった時の鉄板・定番のモノです。
 
牛丼なら吉野家! ハンバーガーならマクドナルド! 好きな女優は 新垣結衣!
 
こんなイメージです。 
 
地下に電波が入りにくいのと、3年契約は少し長めですが
 
高速通信で使い勝手が良く、エリアも広いのでいろんなところで使えます。

 

➡月額料金最安値クラスでWimaxを申し込みする

さいごのまとめ

 

Broad Wimaxで申し込むか

どんなときもWiFiで申し込むか

そこで悩んでる あなたに向けて、実際にどちらも使っている僕が、しっかりと調べて、

メリットやデメリット、月額料金、特徴や注意点などなど、案内してきました。

 

あなたのなかで、どんなときもWiFiか、ブロードワイマックスかどちらを申し込むか固まりましたか?

どちらが、あなたの生活にフィットするかイメージしましたか?

 

 

最初にも少し触れましたが、もしも悩んで決まらない、そんなあなたがいるならば

『とりあえず直感で申し込みしちゃいましょう!』

 

このどんなときもWiFiとブロードワイマックスは『いつでも解約サポート』というサポートサービスで繋がっています。

 

どんなときもWiFiのD1を選んだ!もしくはブロードワイマックスのW06を選んで申し込んだ

 

だけどもーーーー

 

『この端末 使い心地がイマイチ』

『通信速度が遅い』

 

こうなった場合

ブロードワイマックスから➡ どんなときもWiFi

 

どんなときもWiFiから➡ ブロードワイマックス

 

こういうことが 0円で出来るんです。 この2つの会社は、おおもとが同じ系列なので、これがOK

とりあえず 今回の記事を読んでみて

『この端末、会社が良さそう‼‼』

そう思った方を、公式サイトから申し込んでください。

 

最悪の場合、通信が悪い、うちの周りだと使えない、などあっても、

 

WimaxもどんなときもWiFiも

0円でどちらでも乗り換えることができるので、そこは直感で決めちゃいましょう

 

イメージできたら

下記のページ限定キャンペーンサイトから申し込み画面に入ってください!

 

Broad Wimax 初期費用0円キャンペーン

申し込みサイトはここから どうぞ☟

 

 

毎月 930円安く使えるどんなときもWiFiキャンペーン

申し込みはココ☟

どんなときもWiFi(芸能人有)

この記事を書いた人
カエルパ

ポケットWi-Fi、モバイルルーター、WiMAXについての記事と、ゲームの評価や通信量についても書いています。
スマホとか、ポケットWiFiとか通信機器の買取や、販売の経験と、自分が6年以上のモバイルWiFiを愛用している知識を生かして、初心者の人でも、もっとわかりやすく ネットやWiFiが使えるようにブログを書き始めました。

カエルパをフォローする
Broad WimaxとどんなときもWiFiを比較
カエルパをフォローする
NETぎゅんぎゅん通信
タイトルとURLをコピーしました