『Wimaxでオンラインゲーム』をするより、もっと安定して遊べるポケットWiFiがある‼PS4やパソコンでネトゲするならこれ

どんなときもWiFiでゲームを遊ぶ!

☝Speed WiFi NEXT W06とWX05

☝Speed WiFi HOME L02

 

Wimaxでオンラインゲーム。PS4やパソコン、Xbox One、任天堂スイッチなどのオンラインゲームを Wimaxで遊びたいと考えてる人は 環境的に『固定回線(光回線)が引けない、引きたくない』などの問題をかかえてることが多いです。

 

・固定回線の工事が出来ない家である

・引っ越しが多いので固定回線は契約しづらい

・建物の固定回線の料金が高い

・シンプルに契約が面倒である

 

などなど、このような事情がある方が多いかなと思っています。

 

そこで、なんとかWimaxを使ってオンラインゲームを遊びたいと考えて、いろいろ調べているのかな? そういう風に推測をします。

 

Wimaxでオンラインゲームは基本としては遊べます! クレードルを付けたWX05やホームルーターのL02・HOME01のように家で使うのに向いている端末なら比較的に安定した環境で遊べるのですが

 

問題が2つあります。

 

1つは やはり『通信制限』『通信量』の問題です。

Wimaxはギガ放題と言うプランなら 1か月100ギガ近く使えますが、3日間の制限と言うものがあります。 この3日間の制限。 3日で10ギガまでとなっています。 実際のはなし オンラインゲームって普通に遊ぶだけならそこまで通信量はつかわないのですが、やはりパッチやアップデートなどが今は頻繁にどのゲームも行われるので、その時に一気に通信量を持っていかれて、通信制限がかかってしまいます。

 

 

例えば モンスターハンターワールドは4時間遊んで1ギガくらいの通信量で出来ますが、パッチやアップデートは1回でサクッと10ギガを超えます。 PS4やXBOXONEなどの本体のアップデートなども 大きいものだと20ギガ近くなることはザラなんですね。

 

 

ここは1つおおきな問題としてあります。

 

そして

 

2つ目は Ping値が高めであること問題です。

詳しい人は知っていると思いますが、Ping値とは インターネットの反応速度、応答時間みたいな感じで、この数字が1に近いほどオンラインゲームの動作が安定します。

 

Ping値が30だとインターネットを送ってほしいという信号を送ると、30秒でかえってくる

Ping値が50だとインターネットを送ってほしいという信号を送ると、50秒かかってしまう

このようなイメージで

 

目安を表にしますと

1~30 ➡ めっちゃ安定している

30~50 ➡ 安定している

50~80 ➡ そこそこ安定している

■■■■■■■■■■■■■■■ 

ここより数字が上がると 不安定な環境になります。

80以上 ➡ 動画はちょい不安定 オンラインゲームは厳しい

 

この表でみていくとWimaxのPing値はおよそ50~80 ➡ そこそこ安定している ここになるんですね。50~80でもオンラインゲームは出来ますが、ラグや、処理落ち、フリーズなどの影響が出やすくなっています。

 

☝家でWimax(ホームルータータイプ)のPing値を計測したら 57とやはり遅めでした。

 

● 3日で10ギガまでの通信量がオンラインゲームには厳しい

● Ping値が少し高く、安定感があまりない

 

この2つが問題としてどうしても上がってきます。

 

 

でも、それでもWimaxでやるしか道が残ってなさそう、固定回線は引けないし・・・

 

そういうあなたに、今だからこそおすすめのモバイルルーターがあります。

 

上記で説明した2つの問題をクリアしているモバイルルーター(ポケットWiFi)が実はあって、聞いた事あるかもしれません、『どんなときもWiFi』のD1という端末なんです。

 

詳しく説明していきます☟

オンラインゲームに向いている端末

 

このどんなときもWiFiは Wimaxに比べるとめっちゃ新しい端末になります。

この端末の特徴は

 

◎ 通信制限がない

3日で10ギガや1日3ギガまでなどの通信制限がなく、基本として『異常な使い方をしない限り』通信量は使い放題です。

 

◎ トリプルキャリアを採用

基本はSOFTBANK回線がつながりやすいですが、回線が安定しなければ➡ ドコモ回線に変更されます。 更にそれでも安定しなければ au回線に切り替わるといった感じで、3つのキャリアから安定しているものを自動で選んでくれるシステムです。

☝3つの回線から自動で安定したものを選んでくれる

 

このような特徴があります。

 

このどんなときもWiFi(D1)を僕も申し込みをして使っています。 日常で普通に使いやすい端末なんですが、いろいろと調べたりしてわかったのですが、オンラインゲームにも向いている端末なんです。

 

どんなときもWiFiがオンラインゲームに向いている理由

 

まず1番大きいのは『通信量が使い放題』だということです。

 

最初の方にも説明しましたが、Wimaxの場合『3日で10ギガ』という制限があるため、オンラインゲームで頻繁にでてくる、パッチやアップデートに1回で通信量を持っていかれて、通信制限がかかってしまいます。

 

しかし、どんなときもWiFiはトリプルキャリアをつかっているので、通信量の負担を3つに分散できるため、通信量をたっぷりと使えます。

 

実際にどこまで通信量を使っても大丈夫なのか?このへんを具体的に言うと

 

公式サイトより☟

「国内外の通信会社では、ネットワークの品質に維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信制限をする場合があります」

 

簡単に説明しますと『滅茶苦茶な使い方する人は通信制限かけますよ!』ってことです。

 

実際にどのくらい使えるかは、まだわかりませんが、今のところ 3日で10ギガ以上、1か月100ギガ以上使っても制限かかってないという報告があり、 とにかくめっちゃ通信量は使えるようです。

 

 

 

このように通信量がたくさん使えるので、アップデートやパッチが多少大きくても、通信制限がかからないんですね!

 

2つ目の大きな理由がPING値が低めで安定している

 

オンラインゲームに重要なPING値、これが低く安定しています。

実際に『どんなときもWiFi』を家で何度か計測したところ

37MS

30MS

 

このように10回ほど時間帯をかえて計測していくと

29Ms~40Msで、平均値は35Msぐらいでした。

 

先ほどの表に戻りますが

 

目安を表にしますと

1~30 ➡ めっちゃ安定している ➡光回線

30~50 ➡ 安定している ➡ どんなときもWiFi

50~80 ➡ そこそこ安定している ➡ Wimax

 

このように安定しているというラインでオンラインゲームが遊べます。

 

 

どんなときもWiFiでオンラインゲームしてみた

 

実際にプレーしているのを見てもらうのが1番かなと思ったので、どんなときもWiFiでオンラインゲームをするのを、ほぼ初めてですが、ユーチューブで動画を作成しました。

 

PS4の場合

 

 

PS4の設定

PS4の設定というところから

☞ネットワークを選びます。

☞インターネット接続設定をするを選んで

次に

☞WiFiを使うを選んでいき、どんなときもWiFiの端末の裏にあるPWD(パスワード)をいれます。

 

少し激しい動きのあるゲームがいいかなと思ったので、

PS4の無料ゲーム

『パラディンズ』というフォートナイトやPUBGみたいな対戦シューティングゲームで遊んでみます。☟

 

動画はかなり短めに作りましたので、サクッと見れると思います☟※音の大きさに注意してください

どんなときもWiFiでPS4!オンライン対戦がどのくらい快適か!?

※初めて動画を投稿しました、いろいろ見にくいかもしれませんが、ご容赦ください

 

任天堂スイッチの場合

 

息子のスイッチを借りました(笑)

 

設定などは動画内で説明しています、こちらも短めに作りました。

 

こちらもなかなか動きの激しい TPS シューティング バトルロイヤルゲーム
このフォートナイトでテストしました。
fote naite.bmp
 
どんなときもWiFiでスイッチのオンライン対戦‼フォートナイトはラグなく楽しめるか⁉

※動画作成はド素人なので、見にくい場面など申し訳ないです。

 

このように実際に使ってみましたが、問題なく遊ぶことが出来ました。 どんなときもWiFiの通信速度は30Mbps~60Mbpsで環境によって左右されます。 光回線に比べると遅いのですが、上記のように問題なく遊べます。 ここでも大事なのは『通信安定感・PING値』で 実際速度はこのくらいで十分なんです。

 

他にもFF14 などのMMORPGや、PCゲームのメイプルストーリーなども問題なく遊ぶことができました。

 

この下から、申し込みや、料金などについて説明します☟

レンタル形式だから安く、短く使える

 

どんなときもWiFi(D1)は端末を買うという形式ではなく、『レンタル』という形の契約になっています。

Wimaxの場合は 端末を購入する契約です。

Wimaxは 端末代金の分もあるので3年契約縛りで端末代金がかかる場合がありますが、どんなときもWiFiは短めの2年契約で端末代金はもちろん0円。

 

トリプルキャリア(au・ドコモ・・ソフトバンク)で使えて、しかも「通信量無制限」なのに2年間3480円で使っていくことが出来ます☟

 

 

Wimaxの料金と比較しても負けない金額で勝負出来ています。

 

  どんなときもWiFi ブロードワイマックス BIGLOBE UQ Wimax
1か月~24か月目 3480円 3411円 3800円 4380円
25か月以降 3980円 4011円 3800円 4380円
契約期間 2年 3年 3年 3年

 

このようにかなり安く、2年間の縛りだけで使っていけます。 端末は2年後には返却と言う形ですが、再契約をすれば また使えますし、そのころには固定回線があるかもしれないことなどを考えると、契約期間が短いのは助かります。

 

ちなみにレンタルという形ですが送られてくる端末は新品です!

 

もしもの時の保険がある

 

実際にかなり使い勝手がよく、固定回線が利用できない人が、今オンラインゲームの回線として選ぶなら間違いなくどんなときもWiFiです。

 

しかし 世の中に絶対はなく

 

『実際に使ったら、そこまで快適に遊べないやん‼‼(´;ω;`)』

 

こういうことがあった場合

 

どんなときもWiFiはレンタルなんですが、2年間の契約期間があります。 なので端末料金はかかりませんが、2年以内に使わなくなる場合は「違約金」が発生します。
 

1年目の解約➡ 19000円の違約金

2年目の解約➡ 14000円の違約金

このような感じになっています。

 

初期契約解除というシステムがありまして、商品(どんなときもWiFi)を受け取ってから8日以内だと違約金なしで解約することができます。

 

はやめの場合だとこういうシステムが使えますし

もし8日をすぎてしまっても

 

いつでも解約サポートというサービスがありまして、

 

使ってみたけどやっぱりおもったよりも快適に使えないなーーーってときや

 

環境が変わったり、事情が変わって固定回線をひけるようになった場合など

 

違約金を払わないで 乗り換えができます!

 

どんなときもWiFiの運営している会社は ほかにも固定回線(光回線)のサービスと提携をしているので、その豊富な種類の回線から あなたが使う地域でベストな回線を選んで、 乗り換えのサポートをしてくれます。

 

こういうサービスもあるので、もしもの時は、こういうサポートやシステムをうまく使ってください。

 

さいごのまとめ

今回は家に固定回線がいろんな事情があって、ない方や使えない、Wimaxでできるかなぁ?と悩んでいろいろ調べていたあなたに。 よりオンラインゲームに向いている『どんなときもWiFi』を案内してきました。

 

繰り返しになりますが

・PING値が低く安定していて、オンラインゲームが安定して遊べる

・基本、通信量に制限がないのでパッチやアップデートも問題なし

この2つのポイントがあり、Wimaxよりも遊びやすいのがどんなときもWiFiとなっています。

初期契約解除といつでも解約サポートというサポート、サービスもあるので、もしもの時はそこにも頼ることが出来ます。  ネット環境に困っていて、オンラインゲームを遊びたいと考えてる方はぜひ 公式サイトから申し込みしてください☟

 

申し込み公式はこちら☟

どんなときもWiFi(芸能人有)

 

 

 

 

この記事を書いた人
カエルパ

ポケットWi-Fi、モバイルルーター、WiMAXについての記事と、ゲームの評価や通信量についても書いています。
スマホとか、ポケットWiFiとか通信機器の買取や、販売の経験と、自分が6年以上のモバイルWiFiを愛用している知識を生かして、初心者の人でも、もっとわかりやすく ネットやWiFiが使えるようにブログを書き始めました。

カエルパをフォローする
どんなときもWiFiでゲームを遊ぶ!
カエルパをフォローする
NETぎゅんぎゅん通信
タイトルとURLをコピーしました