『JPWimax』最強のデメリット、解約時の違約金。5つのデメリットに目をつぶれないなら、こちらの方が申し込みしやすいかも・・

JPWIMAXってどうなの?

JPWimax(ジェイピーワイマックス)はわりと最近出てきて、人気が上がっているWimaxの販売代理店です。 月額料金は比較的安い設定で

初月から3か月まで 2800円

4か月~24か月まで 3500円

25か月目以降 4100円

 

しかも Wimaxのキャッシュバックキャンペーンは基本的に11か月後と受け取りまでに時間がかかりますが

 

JPWimaxは申し込みからすぐにAmazonギフト券が受け取れます。 amazonギフト券の金額は1万円~1万7000円くらいの間で、月によって変更されます。

 

他社のキャッシュバックキャンペーンは11か月後と遅いうえに、受け取りの手続きが難しいことが多く、受け取り忘れが発生。 1か月忘れたままだとキャッシュバック受け取り権利がなくなります。

 

そこのポイントで考えたときに

・キャッシュバックが受け取りやすい

・月額料金が安め

ここでポイントが高いので、『お!いいじゃん!ここで申し込みしよう!』となりやすいのですが・・・

 

 

通信系の販売を4年以上続けている僕の意見。

最初に結論から申し上げますと!

『でも、JPWIMAXはあまりおすすめできない』

こういう事が言えるんです。

 

JPWIMAXには気になる5つのデメリット 

その中でも特に

違約金は1年目3万円・3年目まで2万5千円とかなり高い‼‼ 

・端末の在庫が不安定で届くのが遅いことがある  

・税込値段が正確に書かれていない、通信制限について間違えやすいなどの不親切な公式サイト

 

ここらへんはかなり気になったので

 

そこらへんを考えたときに、代わりにおすすめしたい会社が☟

 

GMOとくとくBB

➡違約金は1年目 19,000円 2年目14000円 3年目 9500円と優しい設定

➡在庫は常にしっかりあって、発送も速い!

➡サイトは非常に見やすく、使う人のことを考えられている

 

更に

・キャッシュバックではなく、月額割引キャンペーンがかなり安く使える

・端末もNEC製・HUAWEI(ファーウェイ)製の5つから選べる

・20日間までキャンセル可能

・平日だと 15:30までの申し込み完了で即日発送 

・土・日・祝日で 14:00までの申し込み完了で即日発送

 

JPWIMAXのデメリットを埋める上に、メリットも大きい!

結果的には Wimax売り上げNO1のGMOとくとくBBがいいですね

 

当ページ限定 月額割引キャンペーン申し込みサイト☟

 

 

 

気になる5つのデメリット

このJPWimaxパッと見ると 安くて、キャッシュバックも受け取りやすくて、オプションにも加入しなくていいっていう感じでいい印象があるのですが、いくつか気になるデメリットが存在します。

 

①解約時の違約金が高額すぎる

 

1番最初に最強のデメリットである、違約金を説明します

Wimaxはどこで申し込みしても基本は3年契約、つまり3年縛りです。 3年以内の解約には違約金という形で、お金を払わないといけません。

JPWimax以外の代理店は

1年目の解約 19000円

2年目の解約 14000円

それ以降の解約月以外 9500円

このようになっています。

 

しかし、JPWimaxは

1年目の解約 30000円

3年未満の解約 25000円

それ以降の解約 9500円

これはめっちゃ高いです。 1年目に解約する場合は税込みで計算すると32400円

 

実際にぼくも何度かWimaxを契約していて、仕方がない理由で途中解約をしたことがあります。 最初はずっと使うつもりでも様々な理由から解約しないといけなくなることは結構あります。

 

その時に3万円がぽーんと!飛んでいくのはあまりにも痛い! しかもなんとか1年目を乗り越えても税込み27000円の違約金。 これは絶対に3年間解約できないですよね。

 

②任意オプションと言うものの・・

このJPWimaxは強制オプション加入がないのを1つの売りにしています。確かにそこは好感がもてるのですが、この任意加入のオプションに入らないと『amazonギフト券』はもらえないんです。

これ、絶対入りますやん。 ほぼ強制みたいなもんやない。 ここらへんは細かく注意事項をみないとわからないところで、そこらへんは不慣れな人にいい情報を見せようとしてるのかなぁと気になります。 そこの部分で言うとサイトの料金の記載の部分に『税込みか税抜きか』書かれていない部分も気になりました。

 

調べていくとサイト内はすべて税抜き価格の表記で、ここも安く見せようとしているのを感じました。

 

③申し込みサイトが不親切

 

例えば通信制限についての表記が☝

 

ここに関してはほとんどどこの代理店もやっている見せ方ですが、ここだけ見ると初めての人や不慣れな人は『あ!通信制限ないんだ!』と思う可能性があります。

でも、制限はしっかりとありまして 3日間で10ギガを超えない限りは、1か月は制限がないよーということです。 これはどこの代理店で申し込みしても同じです。

 

追加で、サイト内で『税込み』の料金なのか 『税抜き』の料金なのか まったく表記していない!

安く見えても 今や消費税は10%で大きいので、どちらかきちんと表記してほしいです。

 

実際には、サイト内の料金はすべて税抜きです!ここを勘違いすると 結構金額に差が出ます!

 

 

④現在端末がすぐに届かないことが多い

 

JPWimaxは 2019年現在 Speed WiFi NEXT W06とW05

そしてSpeed WiFi HOME L02の3機種を販売しています。

ここの会社の売りの1つとして即日発送で早くにWimaxが使えるってかんじなのですが

 

しかし・・

 

 

特に人気のW06に関しては在庫が間に合っていないようで、4か月も待っていた人もいるみたいですね。 ここはできるだけ早くほしい人にとっては痛いですね。

 

⑤選べる端末が少なめ

先ほども説明しましたが

JPWimaxは 2019年現在 Speed WiFi NEXT W06とW05

そしてSpeed WiFi HOME L02の3機種を販売しています。

 

これはちょっと少なくて、今だとクレードルが優秀なWX05やもう一つのホームルーター HOME01がないです。

W06・W05・L02はHUAWEI(ファーウェイ【中国】)製品で出来れば日本製のWX05やHOME01がいいなー

 

WX05☟

HOME01☟

と思う人も多いと思うので、そこに関して考えるとデメリットになります。

 

 

JPWimaxがおすすめできる人は?

ここまでちょっと気になるJPWimaxについて書いてきました。 メリットも多いですが、デメリットも相当気になるJPWimax。 この代理店で申し込むのがおすすめな人はどんな人かと言うと

  

☞ 3年間解約することなくWimaxを使う人

☞ W06・W05・L02が欲しかった人

☞ もし端末が届くのが遅くなっても問題ない人

 

こういう人は JPWIMAXのAmazonギフト券と、月額料金の安さはかなり魅力的になるとおもうので、申し込みするのに向いていると思います。

 

Amazonギフト券キャンペーン申し込みサイト

     ☟

JPWiMAX

 

 

上のJPWIMAXのデメリット部分が気になってしまった人、デメリット、ちょっと厳しいなぁと感じてしまった人。そういう人で『じゃーどこで申し込みしたらいいの?』こう感じている場合

 

僕が5年くらい申し込みや契約で1番いいと思った申し込みスタイル

・ややこしいキャッシュバックをなしにする

・その分月額料金を安くしている

・申し込みできる端末も豊富

・アフターサービスが手厚い

・大きくてベテランのプロバイダー

・嘘じゃなく最短即日発送をしてくれる

 

この要素をもっている会社がおすすめで、それがGMOとくとくBBです。

 

おすすめできるプロバイダー

 

もしかしたら知ってる人もいるかもしれません。Wimaxを1番売っている会社です。 良い評判もあれば、かなり悪い評判もあります。

GMOとくとくBBはいまや老舗と言えるWimaxのプロバイダーで、高額のキャッシュバックが売りの会社です。

 

 

ですが。 そのキャッシュバックは受け取りに11か月待ちと長く、手続きも面倒なことから 最近は少しづつ人気がなくなってきました。 悪い評判のほとんどがキャッシュバックのトラブルやシステムについてです。

こういう事情があるので、キャッシュバックはおすすめしませんが、キャッシュバックなしの『月額割引キャンペーン』のギガ放題はお得で、面倒がなく人気があります。

 

Wimaxが届いた月は 2170円の日割り料金

1か月~2か月まで 2170円(税抜き)

3か月~36か月まで 3480円(税抜き)

37か月目以降は 4263円(税抜き)

 

3年後の37か月目から月額料金が高くなるので、3年契約で解約月に0円で解約しましょう。また契約しなおせば安く使っていけます。 ちなみにGMOとくとくBBは解約金は 1年目 19000円 2年目 14000円 3年目以降 9500円と普通です。

大手の悪い評判の部分をしっかりと避ければ、いい要素が残るので 結果1番おすすめできる会社になります‼‼

 

申し込みできる端末

Speed WiFi NEXT W06、W05(HUAWEI)

WX05(NEC)

 

Speed WiFi HOME L02NEC(HUAWEI)

 

Wimax HOME 01HUAWEI(NEC)

 

このようにバランスよく出そろっており、日本製のNECも、スマホの売り上げがすごいHUAWEI(ファーウェイ)製もどちらも選べるようになっています。

 

Wimaxは8日以内ならキャンセルが可能なシステムがあります。 もし実際に届いたWimaxを使うと、予想以上に通信が遅かった場合などに利用できます。

これがGMOとくとくBBの場合は20日間用意されています。

 

 

特にWimaxに限らず、こういう機械が苦手で設定にとまどったり、使用してインターネットの使い心地を感じるのに時間がかかったり、不慣れな初心者の人は8日だと短いけど、20日あると気持ち楽だと思います。

このようなアフターサービスに加えて、電話やメールなどで丁寧に対応してくれる大手、ベテランならではの、接客品質はありがたいと思います。

 

 

平日だと 15:30までの申し込み完了で即日発送 

土・日・祝日で 14:00までの申し込み完了で即日発送です。

Wimaxを1番販売している会社なので、よほどのことがない限り在庫切れなどはないです。そのポイントも含めて申し込みしやすく、おすすめです。

 

当ページ限定 月額割引キャンペーン申し込みサイト☟

 

さいごのまとめ

今回はJPWIMAXのデメリットの部分で気になる5つを案内しました。 特に違約金は1年目3万円・3年目まで2万5千円とかなり高いので気を付けたいところです。

 

デメリットの部分が問題なければ、JPWIMAXは安く使えて、amazonギフト券ももらてお得感があります。 しかし この記事の中で書いてきたデメリットが気になった方は、大手のベテランプロバイダーである GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB

 

・キャッシュバックではなく、月額割引キャンペーンがかなり安く使える

・端末もNEC製・HUAWEI(ファーウェイ)製の5つから選べる

・20日間までキャンセル可能

・平日だと 15:30までの申し込み完了で即日発送 

・土・日・祝日で 14:00までの申し込み完了で即日発送

 

ここのポイントのメリットで確実に安く、はやめに、Wimaxを使えます。 どの会社にも良い所、悪いところはありますが、GMOとくとくBBの悪い評判の1番である『キャッシュバックキャンペーン』をさけて 『月額割引き』を選べば良い感じでつかえるんです!

 

通信サービスはとにかくわかりづらい所がおおいので、申し込みの際はしっかりと確認をしてくださいね

 

 

当ページ限定 月額割引キャンペーン申し込みサイト☟

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
カエルパ

ポケットWi-Fi、モバイルルーター、WiMAXについての記事と、ゲームの評価や通信量についても書いています。
スマホとか、ポケットWiFiとか通信機器の買取や、販売の経験と、自分が6年以上のモバイルWiFiを愛用している知識を生かして、初心者の人でも、もっとわかりやすく ネットやWiFiが使えるようにブログを書き始めました。

カエルパをフォローする
JPWIMAXってどうなの?
カエルパをフォローする
NETぎゅんぎゅん通信
タイトルとURLをコピーしました