「電波安定の真実‼」どんなときもWiFiの3大キャリア(au/docomo/ソフトバンク)‼111か国で使える『クラウドSIM』の凄さ!

どんなときもWiFiってどうなの?

 

通信量無制限でトリプルキャリアが使えます!「どんなときもWiFi」‼‼

それは嘘やろぉ・・ だってau・ドコモ・ソフトバンクの電波使ったポケットWiFiとか、月額料金いったいいくらになるねん。

 

月額料金 3480円(税抜き)

いやいや、ますます怪しくなってきた!

 

このように

・月額料金が安いのに

・2年契約だけの縛りで

・通信量が大量に使えて

・トリプルキャリアで安定した通信

 

ここまでくるとさすがに出来すぎだと思ったので、このどんなときもWiFiの「クラウドSIM」についてしっかりと調べていきました!

 

答えがすぐほしいあなたに、先にその調べた秘密を簡単にまとめると☟

 

 

結論としては

 

端末を「レンタル形式」にすることで2年契約と縛りが短めで料金も安い、クラウドSIMの特性によって、日本の3大キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の電波の中から1番安定したものを探してつないでくれる。                                                  3つの中から選ぶから

 

通信が安定してるし、通信量も圧迫しないから通信制限がかからない、そういうシステム‼ まさに次世代の通信、「クラウドWiFi」だからできた通信サービス!

 

 

 

 

 

 

もう少し詳しく説明していきます☟

 

クラウドSimってなんだよ!?

 

とにかく国内大手3キャリアの電波を自動で選んで、1番安定したものを使ってくれる。 これってすごすぎるんですよね。 

 

ここなんですよね、ぼくも気になっていたんです。 au・ドコモ・ソフトバンクはライバル会社だし 3つの会社が同じサービスで同じWiFiルーターで使えるって・・・いったい・・?

 

どんなときもWiFiは新しい技術(次世代通信技術)を使っていて その名は「クラウドSIM」を利用した「クラウドWiFi」というルーターです。uCloudlink社という会社が発明した画期的な通信システムです。

 

普通にソフトバンクのポケットWiFiの場合は「ソフトバンクのSIMカード」を端末の中に入れて使います。

そうすることでソフトバンクの通信回線が使えます。

ソフトバンクのSIMカードを入れないで ポケットWiFiのみだと、ただの鉄の塊で、WiFiは使えません。スマートフォンも同じでソフトバンクのiPhoneならソフトバンクのSIMカード、auならauのSIMカードがないと使えないです。

 

      ☝

 

☝SIMカードを入れないと使えない

 

 

しかし、このどんなときもWiFiの端末は「クラウドSIM」といって

 

この端末の中に『各地での通信に必要な情報』が入っています。

 

クラウドというのは「ネット上に存在する金庫」みたいなものと思ってください。

 

auの通信情報、docomoの通信情報、ソフトバンクの通信情報。(世界各国のキャリア情報も) 

これらが入っています。

 

 

この通信情報が入っているので「各地域で1番いい通信回線」を自動で見つけてくれて、WiFiをあなたに飛ばす、そんなシステムなんですね。 そのことを「クラウドWiFi」と言います。

 

じつはこのどんなときもWiFiの端末(D1)

hikouki.bmp

海外でもそのまま使えます。 その理由も同じく「クラウドSIM」の通信技術により、世界の通信キャリアの通信情報が入ってるからです。 海外の通信も自動で見つけて WiFiをつないでくれます。

 

海外旅行や出張にもそのまま持っていけるんですね。

世界 107か国に対応しており 料金は使った分だけ支払うシステムになります。

世界でも各国のキャリアを選んで繋げてくれる

日本では大手3大キャリアが全部使える、しかも安定した回線を自動で選んで繋げてくれる。

どこでもつながる、 どんなときもWiFiってことなんですね。

 

 

➡(トリプルキャリア)次世代技術のWiFiルーターが2年契約‼‼

 

3大キャリアが使えると安定する理由

クラウドSIMという最新技術によって 国内大手3キャリアが使えるどんなときもWiFi

 

なんとなくわかるかもしれませんが、 3キャリア使えるとなぜ安定するのか案内します

 

スマホとか使ってる人で経験上

『うちの家ドコモ繋がりにくいねんなぁ!』

『auだけなんか回線がいい!』

『ソフトバンクは俺の部屋だけ回線微妙!』

 

このように場所によって電波が届きやすい場所、届きにくい場所、大手とはいえ1つの回線だと、繋がりやすさはバラバラですよね?

 

それはポケットWiFiルーターも同じです

どんなときもWiFiのD1☟

 

イメージ図で見ると 

1つの会社の回線だと 真ん中まで電波が届かないことがありますが☟

 

3大キャリアをつかえるぶん、回線が多く au・ドコモ・ソフトバンクのどれかがつながれば、快適なWiFiが使えるってことなんです。

 

日本人の8割・9割が使っている回線が使えるわけですから、日本どこでもつながりやすい

 

ドコモがだめならソフトバンク、ソフトバンクだめでもau。 といった具合です。

 

3キャリアで通信量を分散

 

公式サイトより☟

「国内外の通信会社では、ネットワークの品質に維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信制限をする場合があります」

 

簡単に説明しますと『無茶な使い方する人は通信制限かけますよ!』ってことです。

 

いまのところ かなり使っても通信制限の問題はありません‼‼

 

1社でなく、3社使えるってのがでかくて 通信量の負担が分散されるので まさかの「データ容量無制限」というシステムができたんですね!

 

通信量分散イメージ↓

 

 

 

 

口コミでもかなり評価が高いです。

 

ただし!3キャリアについては、こういう情報も・・

3キャリア使えて安定しているのは間違いはないのですが、auに関しては繋がりにくいという感じです。1番多いのはSOFTBANKの回線で、その次にドコモの回線。

 

実質2回線で使える感覚です。

 

 

 

実はぼくも この『どんなときもWiFi』欲しくてついに申し込みしちゃいましたが、使っていて1番つながるのはSOFTBANKですね。

カラーはシルバーにしました☝

 

確かに3回線 バランスよく繋がる感じではないのですが、ぶっちゃけ安定した回線なのは、間違いないです。 オンラインゲームが普通にできましたからね☟

どんなときもWiFiでPS4!オンライン対戦がどのくらい快適か!?

☝ 初めての動画で見にくいかもですが・・・

 

ただ、家の近くや 使う地域が

『auが1番安定している!』

こういう事情がある方には向いていない端末です。

 

 

レンタル形式で安く使える

 

 

さすがに、ここまでのシステム、サービスを使うんだから お値段はまぁ5000円以上するんだろうと、まぁ価値あるものは高い! そこは仕方ないかなって思うところですが

 

月額料金もかなりリーズナブルになってるんですよねぇ

 

 

どんなときもWiFi(D1)は端末を買うという形式ではなく、『レンタル』という形の契約になっています。

Wimaxの場合は 端末を購入する契約です。

Wimaxは 端末代金の分もあるので3年契約縛りで端末代金がかかる場合がありますが、どんなときもWiFiは短めの2年契約で端末代金はもちろん0円。

 

トリプルキャリア(au・ドコモ・・ソフトバンク)で使えて、しかも「通信量無制限」なのに2年間3480円で使っていくことが出来ます☟

 

 

Wimaxの新機種 Speed WiFi NEXT W06

 

ここで有名な会社はGMOとくとくBBやUQ Wimaxですね。

ここの月額料金が

UQ Wimax☟

 

最初の3か月は税抜きで3696円で、

その後は3年間 税抜き4380円という月額料金です。

 

GMOとくとくBB☟

aaat.png

最初の3か月は税抜きで3609円です。

 

その後3年間は 税抜き 4263円という月額料金です。

 

このように比較すると 安い感じがわかりますねー

 

 

どんなときもWiFi

GMOとくとくBB

aaat.png

UQ Wimax

基本月額料金 3480円 4263円 4380円
契約期間 2年契約 3年契約 3年契約

 

月額料金が安いのはもちろんですが

どんどん新しいサービスが出てくる中なので、契約縛りは短い方が絶対にいいですよね?

 

ここでレンタルという形が生きてきて、安く短い縛りで使っていけます! ちなみにレンタルという形ですが送られてくる端末は新品です!

 

レンタルだと何故安くできるのか?

 

レンタル形式にすることで、何故安くできるのか? それはレンタルビデオ屋さんのイメージが近いと思います。

DVDを借りるのって買うよりもバツグンに安いですよね? それは レンタルだからその1枚のDVDが完全に壊れて見れなくなるまで 何度も貸して料金が取れるからです。

 

どんなときもWiFiは端末を売るのではなく、貸すということで、2年契約完了して解約すれば端末を返却します。

どんなときもWiFiの端末である D1(U2s)は中古になっても価値はあるものなので、 それをまたクリーニング、不具合を修復することで また使えます。

 

それを端末のレンタル業者に売ったり、他の事業で使ったりすることが出来るんですね。

 

これがあるから これだけの次世代通信を使っていても 月額が4000円以下に収まる理由でしょう。

 

 

 

3つ揃ってしまった。

・通信量無制限

・通信安定している

・月額料金はリーズナブル

 

これは恐ろしいやつがでてきましたね。

 

 

さいごのまとめ

 

かなり怪しいところを感じていたので、口コミや公式サイト、特に「※」☚これがついてるところは、だいたい言い訳じみた真実があるので そこらへんを片っ端から確認しましたが

 

最終的な結論として

 

➡次世代通信技術「クラウドWiFi」を使っているから 3大キャリアの中から 『今』1番いい電波をつかんでWiFiを飛ばしてくれる

 

➡国内で9割以上の人が使う3つの通信エリアを使えるから電波が安定していて、遅い・重いなどが限りなく少なく、ノンストレス!快適に使える

 

※1番繋がりやすいのはSOFTBANKで、次にドコモです。 auはつながらないことが多いようです

 

➡3つのキャリアから分散して通信量が送れるので負担が少なくすむので通信量無制限を実現できた!

➡レンタル形式で月額料金を抑えてるから安い!

 

 

このような感じで使えることがわかりました。

 

最初は

『3大キャリア使えて無制限って無茶苦茶やん・・無理やろ すぐ潰れるわ!』

 

このようにどんなときもWiFiの会社が無理しすぎてるのかと思ってましたが、クラウドSIMをしっかりと調べた結果、 その特性をうまく生かした システムとWiFiルーターだと感心しました。

 

とにかく1番使いやすいポケットWiFiを欲しい

 

 

現状でこの答えは間違いなくどんなときもWiFiです。

 

 

申し込み公式はこちら☟

どんなときもWiFi(芸能人有)

 

 

 

 

この記事を書いた人
カエルパ

ポケットWi-Fi、モバイルルーター、WiMAXについての記事と、ゲームの評価や通信量についても書いています。
スマホとか、ポケットWiFiとか通信機器の買取や、販売の経験と、自分が6年以上のモバイルWiFiを愛用している知識を生かして、初心者の人でも、もっとわかりやすく ネットやWiFiが使えるようにブログを書き始めました。

カエルパをフォローする
どんなときもWiFiってどうなの?
カエルパをフォローする
NETぎゅんぎゅん通信

コメント

  1. […] 「電波安定の真実‼」どんなときもWiFiの3大キャリア(au/docomo/ソフトバンク)‼111か国で使える『クラウドSIM』の凄さ! […]

タイトルとURLをコピーしました